実時間信号処理

矢向が担当する実時間信号処理では、デジタル信号処理の実践的な側面を扱います。実時間で処理するための信号処理プラットフォームに関する講義と、信号処理方法を詳細に理解するための演習を行います。

以下は実時間での信号処理を意図して作成したC++言語のサンプルプログラムです。上記レポートは好きなツール(MatlabでもGnuRadioでも)を使って実施して構いませんが、C++言語でスクラッチから記述したい人は参考にしてください。